特定非営利法人 結びの家 くるみ

TEL.024-563-7634

特定非営利法人 結びの家 くるみ

Homehospice 特定非営利法人 結びの家 くるみ

  • 画像1
  • 画像1
  • 画像1

住み慣れた家のような。
おくるみのように
包み込んでくれるような、
ほっとする
「あたたかさ」が
ここにはあります

scroll down

「くるみ」のホームホスピス

「結びの家くるみ」は、人が人生の最後まで、一人の人間として、大切な存在として、生きていられる場所をつくりたいという思いではじまりました。住み慣れた家のようで在りたいと願っています。
住む人がわががまで居られ、人としてあたり前の権利が尊重され、思いやりがある場所として存在したいと思っています。いつかは訪れる別れの時まで、24時間職員が近くに居ます。固い殻で守られている「くるみ」のように、私たちスタッフがしっかり支えます。赤ちゃんをおくるみに包むように、やさしく温かく守ります。

温かく穏やかな家。「おーい」と呼べばすぐに誰かが側にいる場所、病気や障がいがあっても共に暮らせる場所。様々な職種の人が手を繋ぎ支える場所。24時間くるみのスタッフが対応します。温かく穏やかな家。「おーい」と呼べばすぐに誰かが側にいる場所、病気や障がいがあっても共に暮らせる場所。様々な職種の人が手を繋ぎ支える場所。24時間くるみのスタッフが対応します。

住み慣れた自宅のように、庭からは鳥のさえずりが聞こえ、
畳があり、台所からは料理をする音や香りがあります。
人の笑う声が聞こえる、心と心を結ぶ家です。

ご利用の対象となる方

  • 介護認定を受けている方、または、認定される状態にある方
  • 医療依存度が高く、受け入れ先がない方(年齢制限なし)
  • 介護に疲れ、短期間だけ受け入れて欲しい方〈レスパイトケア〉
  • 期間制限なく、人生の最後を看取ってほしい方〈看取り希望〉

以下のような方にご利用いただいております

医療依存度の高い方々(年齢制限なし)

●24時間高カロリー輸液 
●CVポート 
●持続点滴 
●皮下点滴 
●人工呼吸器使用 
●気管カニューレ 
●気管切開 
●24時間持続皮下注射(モルヒネ) ●麻薬管理 
●中心静脈栄養法

癌末期の方々

●胃がん 
●肺がん 
●脳腫瘍 
●胆管がん 
●膀胱がん 
●舌がん 
●口腔がん 
●子宮がん 
●大腸がん 
●肝臓がん

その他

●胃ろう 
●経鼻経管栄養 
●酸素療法 
●痰吸引 
●膀胱カテーテル 
●腎ろうカテーテル 
●食道ろう 
●ストーマケアなど 
●褥瘡ケア

その他の疾患

●認知症 
●若年型アルツハイマー 
●ALS 
●統合失調症 
●老衰

HomeHospice

ホームホスピスの基本理念

  1. 本人の意思を尊重し、本人にとっての最善を中心に考えます。
  2. 「民家」に少人数でともに暮らし、もう一つの「家」という安心できる環境の中で暮らしを継続することを大切にします。
  3. 病や障がいなど困難な状況にあっても最期まで生きることを支え、家族が悔いのない看取りができるようにします。
  4. 住人一人ひとりの持つ力に働きかけ、医療・介護など他職種の専門職やボランティアが一体となって生活を支えます
  5. 死を単に一個の生命の終わりと受け止めずに、今を「生きる」人につなぎ、そこに至までの家庭をともに歩む、新たな「看取りの文化」を地域に広げます。

私たちは、この基本理念を実現するためにホームホスピスの理念をケアと運営に分類し、より具体的に評価の着眼点を提示します。

分類

  1. 理念を実現するための基本条件
  2. ホームホスピスのケア
  3. ホームホスピスの運営
ホームホスピスの基本理念

「くるみ」の訪問看護

最期まで自分の家・我が家に居たいと願う気持ちは当たり前のこと。
我が家に最期まで住み続けるために、訪問看護ステーションくるみがサポートします。
もしも住み続けることが難しくなったとしても、結びの家くるみでサポートします。

結びの家くるみ 訪問看護ステーションくるみ

最後の時間まで生き抜くことを共に考えます。
あなたの生きた証が、わたしたちの心にいき続けます。

利用者の声

結びの家くるみをご利用いただいているご入居者様やご家族様に、実際に利用してみてのご感想をうかがいました。掲載は一例ですが、さまざまなケースでご利用いただいております。

※利用者様の年齢や持病は掲載当時の情報です

C・Wさん(回答:利用者のお孫さん)

利用者情報
80代 女性
持病など
脳出血・脳梗塞・経管栄養

くるみを知ったきっかけ

おばあちゃんが入院していた病院からの紹介で知りました。

くるみでの生活は?

大きな施設と違い、決まった時間のみの関わり合いではなく頻繁に様子を見てくださり、声かけなどもしてくれるので、とても感謝しています。おばあちゃん自身も自己表現する仕草が増えた気がします。

くるみを利用した中での思い出やエピソードはありますか?

私の結婚式で前撮りをすることになったのですが、くるみのスタッフさんのお力添えと付き添いによって、おばあちゃんと一緒に写真を撮ることが実現でき、大切な思い出を作ることができました。

M・Tさん(回答:利用者 ご本人様)

利用者情報
60代 男性
持病など
がん末期

くるみを知ったきっかけ

大原病院に入院中に、板倉病院のケースワーカーさんに紹介されました。

くるみでの生活は?

してほしいことは全部してしていただけて楽です。居心地もよく、自分なりに生活させてもらっています。当初戸惑いはありましたが、来てみて良かったです。

くるみを利用した中での思い出やエピソードはありますか?

自分のやりたいことをさせてもらえる、いい環境です。二本松の霞ヶ城を見に行ったことや、お寿司を食べに行ったことも楽しかったです。(9皿食べました!)

E・Kさん(回答:利用者の奥様)

利用者情報
60代 男性
持病など
若年性アルツハイマー

くるみを知ったきっかけ

福島市在宅医療介護支援センターへ相談に行った際に紹介され、知りました。

くるみでの生活は?

夫に笑顔が戻り、家族も笑顔でいられるようになりました。

くるみを利用した中での思い出やエピソードはありますか?

夫のことだけでなく、家族の思いやその他いろいろ、スタッフの皆さんとよく話します。英語も教えてもらっているのですが、それにより家族も癒され、希望につながっています。

ご利用料金

家 賃 食 費 管理費 合 計
要支援1・2・要介護1 32,000 48,000 59,100 139,100
要介護2 32,000 48,000 62,250 142,250
要介護3 32,000 48,000 65,400 145,400
要介護4 32,000 48,000 68,550 148,550
要介護5 32,000 48,000 71,700 151,700

要支援1・2・要介護1

家賃
32,000
食費
48,000
管理費
59,100
合計
139,100

要介護2

家賃
32,000
食費
48,000
管理費
62,250
合計
142,250

要介護3

家賃
32,000
食費
48,000
管理費
65,400
合計
145,400

要介護4

家賃
32,000
食費
48,000
管理費
68,550
合計
148,550

要介護5

家賃
32,000
食費
48,000
管理費
71,700
合計
151,700

※入居一時金はありません。
※一部でヘルパーステーションくるみを利用していただきます。自己負担1割は、管理費に含みます。

別途費用

  • 往診等の医療費及び薬代
  • 消耗品:オムツやパット・おしりふきや手袋
         
    及び口腔ケア用物品等
  • 経管栄養の方への栄養材注入手技料として:1回200円
  • 看取り後の処理料(訪問看護利用者は対象外です)
  • 訪問入浴費用
  • 福祉用具利用(車いすやエアーマット利用時)

外部サービス

  • 医師の往診
  • 医師の指示による訪問看護
  • 介護保険居宅管理(ケアマネージャー)
  • 訪問入浴
  • 福祉用品レンタル(車いす・ベッドマット・歩行器等)
  • 薬剤師による薬剤管理

※その他、医療や福祉の制度利用が可能な場合がございます。
 
いつでもご相談ください。

最新情報はフェイスブックから

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ・無料見学はこちらから。
ご検討中の方も迷われている方も、お気軽にご連絡ください!

担当者 茂木・菅野

特定非営利活動法人 結びの家くるみ

(住宅型有料老人ホーム)

〒960-8012
福島県福島市御山町7番地11号
TEL 024-563-7634 FAX 024-563-7635

ホームホスピス 結びの家つむぎ

(住宅型有料老人ホーム)

〒960-8053
福島県福島市黒岩字榎平41番地4
TEL・FAX 024-572-4645